Skip to content Skip to sidebar Skip to footer

モニター環境 ヘッドホン編

今回は使ってるヘッドホン達の紹介


ADAM AUDIO SP-5

Adamのモニタースピーカー導入してとても気に入ったのでヘッドホンも購入してみました。
密閉タイプは後述の900STしか持ってなかったのもありどんなもんかと思いまして。

結果としては非常に満足しています。解像度も高くまた帯域も広く、且つ空気感があるんです。
ミックス作業に向いていると思います。長時間でもあまり苦にはならないです。

ただ解像度が高すぎて結構気になるところがあるので、リスニングに向かないときもあり笑
なのでミックス作業の仕上げとかリファレンス音源聞いたりするとき以外はあんまり使わなかったり。

値段が少し高めではありますが、納得は出来るヘッドホンだと思います。

¥64,900 (2021/07/10 02:28時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

AKAI K712

ずっとCD900STだけを頼りに頑張っていましたがやはりローがないのは辛いなぁということで、開放型で探して買ったのがこのK712でした。

開放型にしてはローが結構で出て音圧も適度にあるので制作はもちろんリスニングにも向いていると思います。

あと装着感もいいですね。長時間使うのには非常に大事なことだったりします。


Sony MDR-CD900ST

ある意味定番、通称赤帯と言われるヘッドホンですね。DTM始めた頃から使用しているので既にうん十年使ってます。パッドも何度か交換済み。

今はボーカル録りやテンポ速い系のギター録りとかレコーディング中心に使っています。


BEATS STUDIO3 WIRELESS

こちらは基本リスニングと最終確認用に使っています。同じ用途でAirPodsProも持っていますが今回はモニター用途なのでこの辺で。

1 Comment

Comments are closed.